カテゴリー: お知らせ!!!!

平成30年8月22日 ケアマネを志す介護人材が急減!?

介護労働安定センターが、2017年度の介護労働実態調査の結果を公表しています。現場の人手不足感が4年連続で上昇し、66%に達するなど深刻な状況に注目が集まります。ここでは、調査の中から「直近1年で大きく変わった」状況の一つを取り上げましょう。

介護業界で「別の仕事」をするとしたら?

取り上げたい項目は、介護労働者を対象とした調査の「仕事(職種)に関する希望・目指す職種」です。この調査では、まず「今の仕事(職種)を続けたいか否か」について尋ねていてます。それによれば、(1)「続けたい」が53.8%、(2)「今の仕事(職種)以外の仕事をしたい」が28.4%となっています。

上記の(2)のうち、質問で指定した仕事(職種)を「したい」という回答((3))は23.6%。その指定された仕事(職種)というのは、訪問介護員、介護職員、ケアマネ、サービス提供責任者(以下、サ責)、看護職員、生活相談員、PT・OT・ST等となります。では、(3)の回答者のうち、上記の「したい」という仕事(職種)の比率はどうなっているでしょうか。

職種別にあげると、訪問介護員が47.4%ともっとも多く、介護職員が13.0%、ケアマネとサ責が各7.5%、看護職員7.4%、生活相談員6.2%、その他が11.0%となっています。不足感が特に強くなっている訪問介護員が「したい」仕事の半分を占めるのは、やや意外かもしれません。パート的な働き方を希望する人にとっては、(あくまで未経験者の視点からですが)「勤務時間の自由度がききやすい」というイメージが「やってみたい」という意識につながっている可能性もありそうです。

「ケアマネをしたい」が1年で半減以下に

さて、注目したいのは、対前年(16年)度との比較です。全般的に大きな数字の変化が見られない中で、変化が著しい部分があります。それが、「したい」仕事(職種)のうちで、ケアマネの比率が「18.1%→7.5%」と約2.5分の1にまで急減していることです。この減少分は、訪問介護員や介護職員の増加分(訪問介護員で「43.1%→47.4%」、介護職員で「11.4%→13.0%」)でほぼ吸収されています。

上記の数字を見てもわかるとおり、16年度では、「ケアマネになりたい」という割合は、「介護職員になりたい」を上回っていましたが、それが完全に逆転しています。ケアマネが介護職員の上位資格にあたると考えれば、キャリアステップ的には、まったく逆の状況が強まっていることがわかります。

恐らく、多くの人は以下のような背景を頭に浮かべるのではないでしょうか。17年4月の期中改定で、介護職員処遇改善加算が上乗せされましたが、介護職員(訪問介護員含む)以外の職種は依然として対象になりませんでした。一方、調査が実施されたのは17年10月ですが、この段階で18年度改定の議論は進行中。ケアマネに関していえば、対医療連携等にかかる実務量がかなり増えそうだ──という予測は業界内でも囁かれていました。

「今、ケアマネを志す」のはリスクが高い?

つまり、現場の介護人材としては、「ケアマネを目指すよりも介護職員のままキャリアアップを図った方がベター」という判断に至りやすくなったという仮説が浮かびます。先の期中改定による処遇改善加算の新区分では、経験・資格等による昇給要件の明確化が図られました。少なくとも、「処遇改善加算がつかず、今後職責の範囲がどうなるのか見えにくい」というケアマネを目指すのは、「リスクが高い」となってしまうわけです。

これは、介護人材のキャリアステップにおいては、極めて重要な問題です。なぜならば、国が目指そうとしている「富士山型」のキャリアモデルにおいて、高みの一角を構成するケアマネというキャリアルートが崩れてしまっていることを意味するからです。

山登りで言えば、頂上へ向かうある地点からの視界が不明瞭となり、(介護職のまま現場リーダーや管理者を目指すという)限られたルートを選択せざるを得ないということです。これでは、「もっと高みを目指そう」という意欲の源泉は限られてしまいます。職業人生にかかる意欲の方向性がしっかりしていなければ、その業界の未来は見えてきません。

国は、地域包括ケアシステムの「要」としてケアマネを位置づけているはずです。それに見合った処遇改善のあり方を早急に検討すること。それこそが、介護人材のすそ野を広げていくうえでの特効薬ではないでしょうか。

平成30年8月22日 介護の自己負担、今日から引き上げ 3割導入に伴う制度改正を通知 厚労省

介護保険のサービスを受ける利用者の自己負担に、今日から初めて3割が導入される。現役並みに所得のある人が対象。年収が1人暮らしで340万円以上、夫婦で463万円以上ある世帯などに適用される。
 
この自己負担の引き上げに伴って実施する制度の改正を、厚生労働省が7月30日に通知した。1日から施行する省令や告示を、介護保険最新情報のVol.671で広く周知している。
 
介護保険最新情報Vol.671
 
例えば介護保険料を2年以上支払っていない人へのペナルティ。現行では、サービスの給付費が7割へ制限され3割の自己負担を支払うルールとなっている。
 
厚労省はこれを見直す。罰則の機能を維持する観点から、自己負担がもともと3割の人を対象として給付費の制限を6割まで強化し、残りの4割を支払ってもらうことにした。裏面の注意事項などを書き換えた新たな被保険者証、負担割合証の様式を、今年5月に出した事務連絡で配布していた。現場には今日以降、被保険者証などの様式を段階的に切り替えていくよう要請している。
 

 住宅改修にも3割負担を適用

 

このほか、手すりの取り付けや段差の解消などにかかる費用を補助する住宅改修についても、3割の自己負担が新たに適用される。住宅改修の限度額は20万円。給付費は1割負担で18万円、2割負担で16万円となっている。厚労省は3割負担の人の給付費を14万円に設定。6万円の自己負担を求めていくことにした。

 

平成30年8月22日 フレイル対策と介護予防の一体実施、「無関心層の参加」が重要課題―社保審・介護保険

フレイル対策と介護予防事業を一体的に実施し、健康寿命の延伸(平均寿命との格差縮小)を目指す。また介護保険のデータベースと医療保険のデータベースとを連結・解析可能とすることで「より質の高い医療・介護サービスの提供」につなげる―。

 7月26日に開催された社会保障審議会・介護保険部会でも、こういった方針が了承されました(社会保障審議会・医療保険部会では既に了承済)。フレイル対策と介護予防の一体実施には「無関心層の参加を促すような工夫」、データベースの連結には「個人が特定されないような配慮」を行う必要があるとの提案がなされ、今後、制度設計の中で検討していくことになります。

7月26日に開催された、「第74回 社会保障審議会 介護保険部会」

 

フレイル対策と介護予防を一体的に実施することで、健康寿命の延伸を目指す

2025年には、いわゆる団塊の世代がすべて後期高齢者となるため、今後、医療・介護ニーズが急速に増加していきます。その後、2040年にかけて高齢者人口の増加は続くものの、伸び率は鈍化し、併せて生産年齢人口が急激に減少していくため、介護保険制度を初めとする社会保障の存立基盤が極めて脆くなっていきます。

そうした中では、「負担の公平性をどう担保していくか」といった「制度面」の議論はもとより、「医療費・介護費の伸びをいかに、我々国民で負担できる水準に抑えるか」(適正化)がさらに重要になってきます(関連記事はこちらとこちら)。

この医療費・介護費適正化の一環として「健康寿命の延伸」が極めて重要なテーマとなります。厚生労働省は、75歳以上の後期高齢者が加入する後期高齢者医療制度の中で実施している「フレイル対策」(虚弱対策)と、介護保険制度の中で実施している「介護予防」を一体的に実施する考えを打ち出しています。現在、両者はそれぞれに効果を上げていますが、▼高齢者の「通いの場」を拠点として、フレイル対策を含めた介護予防と疾病予防・重症化予防を一体的に推進する▼市町村が「通いの場」の立ち上げや運営を支援するなどして、拠点を拡大する▼市町村と地域医師会等が連携し、必要な受診勧奨や保健指導に関する情報の共有などを行う―といった構想が示されているのです。厚労省老健局老人保健課の鈴木健彦課長(当時)は「両事業を一体的に実施することで、これまでの単独事業では見つけられなかった『健康上のハイリスク者』を見つけられる可能性も出てくるのではないか」と期待を寄せています。

高齢者の保健事業と介護予防の一体的実施・推進イメージ

 
ただし、事業の一体的実施に向けては、さまざまな制度的・技術的な課題に直面するケースもありそうです(財源、人員なども含めて)。厚労省は、有識者会議を設置し、制度的・技術的な論点を整理することを提案。この方針は7月26日の介護保険部会で了承されました。厚労省は、近く人選を行い、有識者会議の初会合を実施。1か月に1回程度のペースで議論を進め、年内に意見とりまとめとなる予定です。

 なお、委員からは「若年者の加入する医療保険で実施している特定健康診査・特定保健指導との連続性を確保するべきである」(安藤伸樹委員・全国健康保険協会理事長)、「医学的・科学的な視点に立って事業を実施し、データ集積・分析を行い、PDCAサイクルを回していく必要がある」(江澤和彦委員・日本医師会常任理事)といった注文が付きました。

また、複数の委員から「無関心層が参加したくなるような工夫を凝らす必要がある」といった本質的な提案もなされました。例えば江澤委員は、「現在、要支援者に対する地域支援事業が全国で展開されているが、『多様なサービス』は少なく、従前の訪問介護・通所介護に相当するサービスが多い。保険者が工夫を凝らし、住民が自主的に参加したくなるような仕掛けを検討する必要がある」と指摘しています。もちろん、具体的な工夫は、先進事例(静岡県、三重県津市、東京都多摩市など)も踏まえて、個別市町村(介護保険の保険者)で検討されますが、有識者会議でもヒントになるような議論が行われることが期待されます。

NDBと介護DBの連結、個人が特定されないような配慮などを十分に

 また7月26日の介護保険部会では、NDB(National Data Base:医療レセプトと特定健診に関するデータベース)と介護DB(介護保険総合データベース:介護レセプトと要介護認定に関するデータベース)の利活用を拡大し、さらに両データベースの連結を進める方針も了承されています。

 両データベースを、匿名性を確保した上で連結し、解析を進めることで、例えば「特定健診で●●のリスクありとされたAさんが、その後、どのような疾病に罹患し、高齢になった際には、●●の機能が低下し、要介護状態となった。しかし、●●介護サービスを受けることで要介護度が一定程度改善した」といった知見が明らかになれば、より効果的な保健指導を実施することなどが期待されます。

 もっともデータベースの連結によって、匿名化されているとはいえ、個人の特定可能性は高まります。とくに人口の少ない町村に居住する人では、その危険性が高まります。介護保険部会では「プライバシーへの配慮」をこれまで以上に求める意見が出されています。

 この点、NDB・介護DBの連結について議論している「医療・介護データ等の解析基盤に関する有識者会議」でも、同様の認識に立ち、今秋(2018年秋)以降、セキュリティ確保を含めた技術的な課題について具体的に検討していくこととなっています。

介護保険における「財政運営の都道府県化」、制度の建付けも踏まえた慎重な検討が必要

 なお、7月26日の介護保険部会では武久洋三委員(日本慢性期医療協会会長)から、「医療療養病床から介護医療院への転換を進めるために、介護保険の実務は市町村に置いたまま、財政を都道府県単位化してはどうか」との提案が行われました。

 2017年の介護保険改正で、▼医療▼介護▼住まい―の3機能を併せ持つ、新たな介護保険施設として「介護医療院」が創設され、2018年度の介護報酬改定で点数設定がなされました。当面、介護療養病床(介護療養型医療施設)や医療療養からの転換が期待されていますが、しかし、医療療養から転換した場合、その費用が医療保険から介護保険に移るため、小規模な市町村では「介護費の急増→介護保険料の高騰」を恐れ、転換に躊躇していると武久委員は指摘。その上で、「介護保険の実務は市町村に置いたまま、財政を都道府県単位にしてはどうか」(広域化によって、介護費の急増・介護保険料の高騰を吸収できる)と提案しているのです。

この点、厚労省老健局総務課の北波孝課長は、「介護保険制度は地域保険として、保険者である市町村が給付とサービスとの双方を管理する仕組みをとっている。その建付け・趣旨も踏まえて検討する必要がある」と慎重な答弁をするにとどめています。

国民健康保険では「実務を市町村に残したまま財政責任主体を都道府県とする」との見直しが行われ、武久委員の提案もこれを踏まえたものです。ただし、国民健康保険(医療保険)と介護保険を比べると、「医療保険では、被保険者(住民)がより広域的に医療機関を受診する」(例えば、北海道や沖縄県のがん患者が、東京都の病院に入院することは珍しくはない)実態などを踏まえると、国保とは異なる観点からの検討も必要になりそうです。

 

平成30年8月22日 熱中症の予防法

今年の夏は例年に増して、猛暑が続いていますね。みなさんは、熱中症対策をどのようにされていますか?今回は、かんたんな予防法をお伝えいたします。

■高齢者は、熱中症になりやすい体になっている?!
暑さを感じにくい
皮膚の温度を感じる機能が低下することで、暑さを感じにくくなっています。
冷房などによる温度調節などが遅れる原因となります。

体内の水分量の低下
体内の水分量が少なくなっている上に、のどの渇きを強く感じないので、水分不足に陥りやすくなっています。

体温調節機能の低下
体温調節機能の低下で汗をかきにくくなっており、体内に熱がこもりやすくなっています。

■熱中症対策をチェック

体温は体感に頼るべからず!
暑さを感じにくくなっているので体感で判断するのは、望ましくありません。
温度計を設置して温度を確認できるようにしましょう。

自分の感覚に従うべし!
暑いと感じたら扇風機やエアコンを躊躇せずに使用してください。
使用をためらう方もいらっしゃいますが、「暑い」という体からのSOSを無視しないようにしましょう。

水分は1日1リットル!
気づかない内に体から水分が奪われています。のどが渇いたと感じたときはすでに体は水分不足の状態です。水分補給はこまめに行い、就寝時や入浴時には、手の届く場所に飲み物を置くとよいでしょう。

今年は、例年よりも長く高温が続くことが予想されます。去年は、こうだったからと油断せずに熱中症対策を行っていきましょう。

平成30年8月21日 フィエスタ・メヒカナ大阪2018

日本最大級のメキシコのお祭りです。メキシコの音楽や踊りも楽しむことができます。
また、メキシコ料理や、飲み物、民芸品の屋台が集まります。
陽気なメキシコの文化を体験してみませんか。
https://osaka-info.jp/page/events-fiesta-mexicana-osaka

[日時] 9月14日(金)~16日(日) 12:00-21:00(16日は20:00まで)
[場所] 新梅田シティ・ワンダースクエア 1F広場
       (JR/地下鉄/阪急/阪神「梅田」駅下車 徒歩10分)
[費用] 入場無料(屋台等物販は有料)

平成30年8月21日 道頓堀川万灯祭2018 

毎年行われる「万灯祭」です。
「深里橋(四ツ橋)~日本橋(堺筋)」のあいだを、1,300灯以上のちょうちんでかざります。
ちょうちんのあかりの中ミナミの町を楽しみませんか。
https://osaka-info.jp/page/events-dotombori-lantern-fes

[日時] 7月1日(日)~8月31日(金)
       点灯時間 連日19:00~26:00
       ※悪天候、行政・警察の指導等により、早期に献灯を終了する場合があります。
[場所] とんぼりリバーウォーク(大阪府大阪市中央区道頓堀)
[料金] 観覧無料

[お問合せ] 
いっとこミナミ実行委員会
TEL :06-6211-4542

平成30年8月21日 高島屋 大阪

難波にあります、高島屋 大阪店です。でーんと構えているその姿は、我々を圧倒しますね。

高島屋は創業180年を迎え、200年へと向かっています。

古きを温めて新しきを知る。という言葉のとおり、未来の、百貨店の魅力づくりは、歴史の中にこそ、ヒントがあると考えました。

高島屋の歴史を紐解き、全従業員で共有すること、そしてその心意気や文化を受け継ぐこと。

「温故知新」大事なことばです。  

我々も、古きをたずねて新しきをしる 身に染みて日頃の業務に生かしていきたいと思います。

平成30年8月20日 京都五山送り火

8/16夜 送り火がありました。

昨年は、京都烏丸のホテルから、拝見しました。

 夏の夜空に点火されくっきりと浮び上る五山の送り火は祇園祭とともに京都の夏をいろどる―篇の風物詩である。この送り火は東山如意ケ嶽の「大文字」がもっともよく知られているが、そのほかに金閣寺附近の大北山(大文字山)の「左大文字」、松ケ崎西山(万灯籠山)と東山(大黒天山)の「妙法」、西賀茂船山の「船形」および上嵯峨仙翁寺山(万灯籠山・曼荼羅山)の「鳥居形」があり、これが8月16日夜、相前後して点火され、これを京都五山送り火とよんでいる。
なお、以前には「い(市原野)・「ー」(鳴滝)・「竹の先に鈴」(西山)・「蛇」(北嵯峨)・「長刀(観空寺村)なども、送り火として点火されていたが、早く廃絶に帰した。
―般的に、送り火そのものは盆の翌日に行なわれる仏教的行事であり(「報恩経」)ふたたび冥府にかえる精霊を送るという意昧をもつものであるがこれも、仏教が庶民の間に深く浸透した中世、それも室町以後のことであろう。通説によれば、この夜、松明の火を空に投げ上げて虚空を行く霊を見送るという風習があり、京都五山の送り火は、これが山に点火されてそこに留ったものであるといわれる。
事実、江戸時代に山の送り火とならんで平地でも、その風習が行われていたようである(「花洛細見図」所収の送り火の絵図には、投げあげてはいないが、松明をかかげもち、あるいは地中に立てて供花している情景が描かれている)。京都市北部で現在も行われている(松上げ行事)も、おそらくこの風習と関係があるものとおもわれる。

各山送り火のよく見えるところ
大文字 賀茂川(鴨川)堤防〔丸太町大橋?御薗橋〕
妙   北山通〔ノートルダム女学院附近〕
法   高野川堤防〔高野橋北〕
船 形 北山通〔北山橋から北西〕
左大文字 西大路通〔西院?金閣寺〕
鳥居形 松尾橋・広沢の池など

平成30年8月20日 上本町ユフラ

https://www.yufura.jp/index.html

2010年8月、大阪市 近鉄大阪上本町駅南側に誕生した、新歌舞伎座と39店のショップ、そしてオフィスからなる複合ビル「上本町YUFURA」。
その名前は、“ゆらりふらり”と何度でも立ち寄りたくなる“気持ちよい場所、心地よい空間”をイメージして付けられました。
上本町は、数々の歴史の舞台となり、また都心にありながら閑静な趣を残す大阪市内でも貴重な場所。
この街にしっかりとうち解けながら、新しい情報発信と生活提案を行い、もっとこの街の価値、ここに暮らす喜びを膨らましていきたいとわたしたちは考えています。
新しい暮らし、新しい街のはじまりに、たくさんの想いを込めて、何年も、何十年も先まで、この気持ちを大切に届けていきたいと思います。

いいですね、ユフラ。 ゆらり・ふらり ですか。

何となく気持ち良い場所・心地よい感じになりますね。

これからもずーと長くよろしくおねがいします!

平成30年8月20日 夏バテ予防にどうでしょうか?

ニラと鰹のおかずサラダ
 

ごま油ニラで作った“ニラ油”にしょうがを加え、その“ニラ油”でをたたき風に香りよく焼き、梅風味の黒酢だれでさっぱりと食べるサラダ風の主菜です。今回は、添えた野菜に玉ねぎやトマトを使っていますが、きゅうりやもやしなど、いろいろな野菜と相性のよい味付けになっています。

 
  • 鰹……200g(1/4尾)
  • ニラ ……100g(1束)
  • トマト ……200g(大1個)
  • みょうが……1個
  • 大葉……2枚
  • しょうが……15g
  • 玉ねぎ……120g(1/2個)
  • ごま油……大ざじ2
  • 塩……小さじ1
  • 梅干し……10g(1個)
  • 黒酢……大さじ1
  • 酢……大さじ1
  • 麺つゆ(3倍濃縮)……小さじ1/2
  • はちみつ……小さじ1/4
 
 
1

ニラは3㎝幅に切る。しょうがは粗みじんに切る。

2

フライパンにごま油を熱し、ニラを塩と一緒に少ししんなりする程度、約2分間炒めたら、ニラを取り出しフライパンに残った油に、粗みじんに切ったしょうがを入れ1分後、鰹を柵ごと入れる。鰹を一面1分程度ずつ焼き、3面の全面を焼いたら、皿に鰹を取り出し、冷蔵庫で冷やす。

3

玉ねぎは薄くスライスし、水に3分間さらし水気をきる。みょうが・大葉は、千切りにする。トマトは半分に切り薄切りにして皿に並べる。玉ねぎにみょうが・大葉を混ぜ合わせ、トマトの上に盛る。

4

梅干しの種を除き、身を細かく切り、黒酢・酢・麺つゆ・はちみつを入れてよく混ぜ、梅だれを作る。

5

2の鰹を5mm幅の薄切りにして3の上にのせ、鰹の次に2で取り出しておいたニラを飾りつける。

6

梅だれは食べる直前にかける。

 
     

ニラ油にしょうがを加えることで、鰹の生臭さが気にならなくなります。
ニラ油で鰹の表面をこんがりと焼くことで、手軽に鰹のたたきが作れます。

 

骨形成のために必須のビタミンビタミンDと、エネルギーを作り出すときに必要なビタミンであるナイアシンを多く含みます。

ニラ

抵抗力アップのビタミンA、抗酸化作用のあるビタミンEも多く含み、夏バテ予防に最適な野菜です。

梅干し

疲労回復の一助となるクエン酸を多く含みます。

はちみつ

血糖値をゆっくり上げていく糖質です。

 

ページトップへ