カテゴリー: お知らせ!!!!

平成30年10月8日 岐阜県人口と空家

僕が住む岐阜県の人口が、200万人を切ったと地元紙が伝えています。
2000年の国勢調査では211万人ほどいたのですが、地方の市町村の人口が減り、ついに200万人の大台割れです。このまま減少が続くと、2045年には151万人になってしまうそうです。

そう聞くと、散歩の途中に見る家々のうち3割近くが空き家かな?と思えるような状況で、朽ちて屋根の瓦は落ち、壁も剥がれて倒壊寸前の家も見かけます。

たぶん、ご夫婦のどちらかが亡くなり、一人住まいをしていた方が自立を諦め施設に収容されたのかもしれません。とにかく空き家が多いのです。

以前のように長男や長女が、伴侶を得て父母と同居する習慣が消えて、結婚すると別所帯になる核家族化が進んだ結果でしょうか?そう言う僕も子どもたちは巣立って行き、7人家族で住んでいた家に、家内と二人で住んでいます。僕か家内のどちらかが先立てば、やはりここは空き家となります。僕らの団塊世代は、全国で800万人近くいます。

その世代がいよいよ鬼籍に入る時代となり、ここ20年くらいは急速に人口が減少するものと思います。それまで社会保障制度が持ち堪えるか、税や負担金の増加に勤労所帯の家計が持ち堪えるか?と言う大きな問題が浮き上がります。国は簡単に増税や負担金の増額を言いますが、とてもそれだけで対処できるものではありません。

現実にアベノミクスで景気が良くなった、株価が上がったと安倍さんが自慢しますが、その恩恵は大企業の内部留保が2倍以上になった事、その防衛策として個人の預貯金が若干増えただけで、決して安倍さんが言うように国民の生活は楽になっていません。むしろ物価が上昇して、収入が減少すると言う逆効果が生まれています。

少子高齢化は事象であって、問題でも国難でもありません。その事象に対処する政治力が求められているのです。オリンピックの開催に3兆円も遣うのなら、3兆円の減税をやるべきだし、複雑で評判の悪い中途半端な消費税増税を見送るべきではないでしょうか。国民の財布をあてにするよりも、バカな使途の歳出を抑えるべきです。

安倍さんが首相に就任して以来、海外でばら撒いた血税は二十数兆円にもなっています。こんなバラマキをやっても、国際的に日本の存在感は薄れる一方です。これを国難と言わずして、何と申しましょうや。

平成30年10月8日 公認会計士 林 光行事務所 40周年記念 式典・祝賀会

大阪 上六 シェラトン都ホテル大阪4Fで、10/6午後に開催されました。

40年という月日は、並大抵のことではないですね。先生は 御年70歳を迎えられます。

ただただ頭がさがります、たくさんの来賓・祝電もありました。

職員の方たちの、永続記念表彰も行われ、34年永続の女性職員さんが表彰されました。

ご立派の一言です。続いて 岐阜のたんぽぽ福祉会の小坂会長の講演がありました。

知的障がい者への支援の奥深い話がありました。とても感銘をうけました。

我々の会社も 来年25年目に突入します。ますます頑張らねばという思いです。

途中、会社理念を全職員さんが、唱和されました。とても感動・感激でした。

平成30年10月3日 英語落語てんのじ村寄席

日本の伝統芸能である落語を、外国人の方にも楽しんでもらう場所として、
西成区山王に「てんのじ村寄席」は開設されました。
「てんのじ村寄席」の名前は、かつてこの場所に多くの寄席芸人が住み、
てんのじ村と呼ばれていたことにちなみます。
この機会にぜひ英語での落語をお楽しみください。
http://rakutopia.jp/tennojimura-yose/

[日時] 10月6日(日)14:30-
[場所] 山王福祉会館(大阪市西成区山王2-13)
      (大阪メトロ「動物園前」駅下車)
[費用] 500円

平成30年10月2日 介護保険サービスと保険外サービスを組み合わせて提供する場合

今回は9/28に厚生労働省から公表された介護保険最新情報Vol.678から介護保険サービスと保険外サービスを組み合わせて提供する場合の取扱いについて の内容を抜粋してお届けしたいと思います。

〇主旨
介護保険制度では、高齢者が抱える多様なニーズに柔軟に対応できるよう、一定の条件の下で、介護保険サービスと保険外サービスを組み合わせて提供することを認めているが、その具体的な運用については、地方自治体間で差異が見られ、そのことが事業者が両サービスを柔軟に組み合わせて提供する際の障壁になっているとの指摘がある。
そのため、規制改革実施計画において、「訪問介護における、両サービスの組合せに係る現行のルールの整理」等について平成30年度上期中に、一覧性や明確性を持たせた通知を発出し、周知を図ることとされた。

介護保険サービスと保険外サービスを同時一体的に提供することや、特定の介護職員による介護サービスを受けるための指名料や、繁忙期・繁忙時間帯に介護サービスを受けるための時間指定料として利用者の自費負担による上乗せ料金を徴収することについては、認めていない。

厚生労働省においては、規制改革実施計画に基づき、引き続き上記の課題の整理等を行うこととしている。

●訪問介護

「介護保険給付の対象となる指定訪問介護のサービスと明確に区分されるサービスについては、
 次のような方法により別の料金設定をして差し支えない。」

イ 利用者に、当該事業が指定訪問介護の事業とは別事業であり、当該サービスが介護保険給付の対象とならないサービスであることを説明し、理解を得ること。
ロ 当該事業の目的、運営方針、利用料等が、指定訪問介護事業所の運営規程とは別に定められていること。
ハ 会計が指定訪問介護の事業の会計と区分されていること。

訪問介護と保険外サービスを組み合わせて提供する場合の例
訪問介護と保険外サービスを組み合わせて提供する場合としては、訪問介護の前後に連続して保険外サービスを提供する場合と、訪問介護の提供中に、一旦、訪問介護の提供を中断した上で保険外サービスを提供し、その後に訪問介護を提供する場合がある。例えば以下のようなサービスの提供が可能である。

(1)訪問介護の対象とはならないサービスを利用者本人に提供
(2)同居家族に対するサービスの提供

・取扱いについてのポイント
(1)保険外サービスの提供時間は、訪問介護の提供時間には含めないこと
(2)契約の締結前後に、利用者の担当の介護支援専門員に対し、サービスの内容や提供時間等を報告すること。
  その際、当該介護支援専門員は、必要に応じて事業者から提供されたサービスの内容や提供時間等の保険外サービスに関する情報を居宅サービス計画(週間サービス計画表)に記載すること
(3)サービス提供責任者について 専ら指定訪問介護に従事することが求められているが、業務に支障がない範囲で保険外サービスにも従事することは可能である。

●通所介護

「通所介護としての内容と保険外サービスとしての内容を区分することが基本的には困難であることから、保険外サービスとして利用者から保険給付とは別に費用を徴収することは、基本的には適当でない。
 ただし、以下の保険外サービスについては、通所介護と明確に区分することが可能であり、通所介護を提供中の利用者に対し、通所介護を一旦中断したうえで保険外サービスを提供し、その後引き続いて通所介護を提供することが可能である。」

通所介護と保険外サービスを組み合わせて提供する場合の例
(1)事業所内において、理美容サービス又は健康診断、予防接種若しくは採血を行うこと
(2)利用者個人の希望により通所介護事業所から外出する際に、保険外サービスとして個別に同行支援を行うこと
(3)物販・移動販売やレンタルサービス
(4)買い物等代行サービス

・取扱いについてのポイント
(1)事業所内において、巡回健診等の保険外サービスを行う場合、鍼灸や柔道整復等の施術を行うことはできず、無資格者によるマッサージの提供は禁止されている
(2)通所介護事業所の職員が同行支援等の保険外サービスを提供する場合には、当該保険外サービスの提供に要した時間を当該職員が通所介護に従事する時間には含めない上で、通所介護事業所の人員配置基準を満たすこと。
(3)道路運送法(昭和26年法律第183号)や医療法等の関係法規を遵守すること

・通所介護を提供していない休日や夜間等に、事業所の人員や設備を活用して、保険外サービスを提供する場合について
(1)通所介護事業所の設備は、専ら当該指定通所介護の事業の用に供するものでなければならないが、利用者に対し支障がない場合は、この限りでない
(2)夜間及び深夜に宿泊サービスを提供することについては、その基準を定めている。
※夜勤職員として介護職員又は看護職員を常時1人以上確保すること
※宿泊室の床面積は、1室当たり7.43平米以上とすること

・通所介護の利用者と保険外サービスの利用者の双方に対してサービスを提供する場合について
(1)サービスの利用者が混在する場合 通所介護事業所において、通所介護の利用者とそれ以外の地域住民が混在している状況下で、体操教室等を実施すること
(2)通所介護と保険外サービスの利用者が混在せず、通所介護とは別の時間帯や、別の場所・人員により、保険外サービスを提供する場合 通所介護事業所において、通所介護とは別室で、通所介護に従事する職員とは別の人員が、地域住民向けのサービスを提供すること

全文URLはコチラ
http://www.roken.or.jp/…/wp-con…/uploads/2018/09/vol.678.pdf

【内容に対する所感】
——————————————————————————————-
一応自分で大切だと思っているポイントを原文抜粋しておりますが、まぁまぁ量が多いのと
文章が堅く、漢字が多いので読みにくいですね。(笑)

とりあえず、主旨の所から。
混合介護のルールが自治体ごとに微妙に解釈が違って事業者が困っているから厚労省は統一見解を平成30年度上期中に出してねと国の規制改革実施計画で閣議決定されましたので、9/28に出しました!!
ということです。上期ギリギリでしたね。

今回の内容では、介護保険サービスと保険外を同時一体的に提供することや特定のヘルパーの指名料、時間指定料については認めていないとしておりますが、引き続き上記の課題の整理等を行うとしています。

事業者さんとしてはこちらの方の議論を早くしてと思っているかもしれませんね。
豊島区の混合介護も厚生労働省のこの動きを受けて今年度の内容は停滞していますというのは以前のメルマガでもお伝えしたかと思います。

さて、訪問介護においてはいくつかの注意点はありますが、下記2点は行ってOKということです
(1)訪問介護の対象とはならないサービスを利用者本人に提供
(2)同居家族に対するサービスの提供
訪問介護の時間以外できちんと区分け出来ていて、利用者から同意を取っていれば行って良いよということです。

取扱いについてのポイントで記した(3)のサ責さんの取り扱いなんかが自治体によって解釈が違ってたりする部分かもしれませんね。

デイの場合も注意点は訪問介護とよく似ていますが下記4点は行ってOKということです
(1)事業所内において、理美容サービス又は健康診断、予防接種若しくは採血を行うこと
(2)利用者個人の希望により通所介護事業所から外出する際に、保険外サービスとして個別に同行支援を行うこと
(3)物販・移動販売やレンタルサービス
(4)買い物等代行サービス

ただし、こちらは介護保険法だけではなく、道路運送法や医療法、食品衛生法等の関連する関係法規をちゃんと遵守してねということになっております。

あと、これらは訪問系サービス、通所系サービスに共通ということなので訪看や通リハでも同様の適用です。

サ高住とか住宅型有料とかで自費サービスを行っている事業所さんは、住宅サービスとして行っているかもしれませんが、事業所併設している場合はきちんとルールを解釈しておく必要があると思いますので、一度目を通しておくことをお勧め致します。

平成30年10月2日 てんしば 3周年

てんしば 3周年 オクトーバーフェストに行ってきました。

本場ドイツのビールや豪華?ステージのパフォーマンスもあり、みなさんビールを飲んでご機嫌です。

もう三年なんですね、あっという間ですよね。

世界最古のビール醸造所とあります。

すごいですね、私もいっぱい行きたいところですが、本日は所用があり、 我慢です。

平成30年10月2日 コーヒーの日

皆さん、こんにちは。
早いものでもう10月になりました。

本日10月1日は「コーヒーの日」。
国際協定によって、コーヒーの新年度が始まるのが10月。
この日がコーヒーの年度始めとなり、日本では、秋冬期にコーヒーの需要が高くなることから、1983年に、全日本コーヒー協会によって定められたとのことです。(全日本コーヒー協会HPより)

平成30年10月1日 平野みんな食堂・子どもの居場所 井戸端会議

大阪市 加美老人憩いの家で行われました。

区役所の職員の方、ネットワーク委員の方、コーディネーターの方等が集まり、皆さんのお困りごとを問題提起しながら二時間が アッと言う間に過ぎました。

各食堂の訪問記録簿を参考に ワイワイガヤガヤでした。

11/3土曜日 大阪 平野区民ホーにて「平野区長」も参加されて平野区みんな食堂まつりが開催されます。

有名?落語家をお迎えして、ミニコンサート・井戸端カフェ・ほんわか茶屋・その他盛りだくさんの催しを予定しております。

「にこにこ庵」のすぐそばです。

是非お帰えりの際には、「にこにこ庵」にもお立ち寄りください。

 

デイサービス

平成30年10月1日 介護保険

平成の時代を颯爽と? 混沌と?吹き抜けた感じでしょうか?

いまだによくわからないことばかりです。

国は、自治体は、主役・本人とは、誰を指しているのでしょうか?

本人抜きに、本人の話を一人歩きさせてはいけませんよね。

矛盾だらけかもしれませんね、ただ国も自治体も財政逼迫の状態です。

いまこそ「みんな」で考えねばなりませんね。

できれば「本音」を聞きたいな。

平成30年10月1日 介護施設

同じ施設内で働いていても、仕事に対する姿勢や熱量はひとりひとり違うのは重々分かっているけれど、どーしてもコイツの仕事に対する姿勢や熱量や思いがいい加減過ぎて腹立つーっヾ(`Д´*)ノオリャーって人がいたら、みなさんはどう接したり、どう上司に報告したり、どうイライラせんようにしてますか??

『その人のいい加減さの例』
・口腔ケアをすると全員磨き残しあり。してへんのちゃうか?!と思うぐらい残渣物が歯についてることもあり。

・出勤時間の30分前には来てるのに30分間喫煙所にいて、出勤時間を過ぎてから持ち場に来て、申し送りを受ける。

・早番(3ユニットあって、1ユニットにつき、早番は1人)は入浴介助のあとごみ捨てをするのですが、明らかに一番早く入浴介助が終わってるのに、ごみ収集に回らず、喫煙所でタバコを吸い、他の早番が入浴介助終わった頃になに食わぬ顔で「ごみ捨てどこまですすんでますか?」と聞き、率先してごみ捨てをしない。

などなど腹立つことが盛りだくさん!

こういう人の対処法を教えてください😭

平成30年10月1日 大阪 平野みんな食堂ネットワーク

平野区にある大阪市立平野青少年会館です。

中に 平野みんな食堂ネットワークの事務室があります。

掲示版には、我らが 地域共生型福祉サービス「にこにこ庵」の広告もありました。

何故かしら 私がサンタクロースの姿で利用者さんと収まっています。

子どもたちから 「ありがとう」の手紙もいただきました。

平野区内には、全部で11箇所で「みんな食堂」が随時開催されています。

因みに「にこにこ庵」では、毎月第四日曜日のお昼に開催されています。

どなたでも参加できます、利用者さんもボランティアさんも 奮ってご参加ください!!

デイサービス

ページトップへ