カテゴリー: 研修・勉強会!!

平成30年2月17日大阪科学技術館

大阪科学技術館に行ってきました。

本日は、福岡先生の講演です。

最初からトリプル改訂の話で、熱を帯びてまさに会場は熱気むんむんでした。

後日管理者のみなさんで、情報共有したいと思います。

しかしこの大阪科学技術館は、確かに科学の話題満載ですね。

平成30年2月6日旭区のフェリスモンテ見学会

大阪宅老所・グループハウス連絡会の見学会が、旭区のフェリスモンテさんでありました。


冒頭自己紹介からはじまり、今の取り組み・悩み等を話しました。

みなさん かなりお悩みも多く、一時間があっという間にすぎました。

こども食堂やサロンの話に大盛り上がりで、アイデアが参考になりました。

フェリスモンテさんは、階上を高齢者・障碍者に開放されており、安心・安全に運営されているとのことでした。

我々も大いに参考にさせていただきます。
大変ありがとうございます。

平成30年2月4日「伝えるコツ」セミナー

市民活動スクエアcanvas谷町で行われた「伝えるコツ」セミナーに参加してきました。

主催は、社会福祉法人大阪ボランティア協会で、協力がNPO広報力向上委員会・ 日本NPOセンター・電通 さんです。

当日電通さんから、二名の講師が来られ、「基礎的な考え方」から実践的なノウハウ」 まで、じっくり解説していただきました。
 
コミュニケーション力の向上や 団体や活動への理解・共感・信頼を得る方法など盛りだくさんで、 30名以上の方々が、この寒空汗だくで取り組んでいました。

とても参考になりました、ありがとうございました。

平成30年2月3日大阪宅老所・グループハウス連絡会

大阪市立社会福祉センターで、大阪宅老所・グループハウス連絡会の勉強会がありました。

東京より講師をお招きして、今後の介護業界の未来について展望していただきました。

さすが昨年まで現役で、介護審査会に参加されているだけあって迫力満点です。

ただただ圧倒されました、訪問介護が先細りしないか、とても心配です。

4月からの新体制でもしっかりと運営したいものです。

平成30年2月2日中小企業セミナー

松阪に行ってきました。

そう、あの松阪牛の松阪です。

当日雪を心配しましたが、何とか無事に到着しました。

道中降雪で、徐行もしたりしながらの車での移動です。

場所は、駅からかなり遠い 松阪商工会議所です。


本日の研修は、「黒字体質の会社をつくる8つのステップ」です。

大事なことは、

①社長が先頭にたつ 

②明るい 楽しい雰囲気をつくる 

③PDCAを回す  

以上だそうです。

わが社も見習って、ぜひ有言実行したいものです。

1/21(日)通所介護セミナー

千葉県市原市のデイサービスで行われた、通所介護セミナーに行きました。

なんと往復 会社の軽自動車で走行1200キロの長丁場でした。

会社を出発して、西名阪・東名阪・伊勢湾岸自動車道・新東名・東名・東京湾アクアラインを経て

千葉まで来ました。途中3回の休憩でしたが へとへとの強行スケジュールでした。

しかしながら電車で来ても乗り換え4回で
 
6時間、車で来ても6時間半です。みなさんでしたらどちらを選びます。

さて講師は、おなじみの辛口の木村先生です、リップサービスなしでどんどん話が進みます。

今回のトリプル改訂の厳しさをたっぷりと聴講いたしました。

木村先生 いつもありがとうございます。

スタッフみなさんにも きちんとお伝えします。

1/14(日)京セラ アメーバー経営ゼミナール

東京品川で開催された 京セラ アメーバー経営ゼミナール(4回シリーズ)に行ってきました。

総勢20数名の全国からの経営幹部の猛者ばかりでした。

北海道札幌から九州大分からと皆さんの気持ちが伝わってきました。

自己紹介からはじまり、チームで聴講したりゲームをしたり、おわりに懇親会もありました。

是非日頃の業務に活かして頑張りたいと思います。

平成29年12月12日(火)目からウロコの業績&生産性ダブル向上セミナー

新大阪に研修に行ってきました。

クリスマスの雰囲気ムンムンですね。

今日は、株式会社エントエントの松本社長による「目からウロコの業績&生産性ダブル向上セミナーです。

正しい人事制度を運用すると

①スタッフが元気に自立的に成長する

②お互いに教えあい、事業所が明るくなる

③飛躍的に継続的に業績・生産性が向上する

④スタッフの昇給が増える

⑤経営者は人事のストレスから解放される

どうでしょうか?是非我々も追随したいものです。

みなさん、、、よろしくです。

知的障がい者の高齢期の暮らしの支援を考える

大阪国際交流センターで行われた「知的障がい者の高齢期の暮らしの支援を考える」に行ってきました。

生まれた時から障がいと共に生き、老いに面してもなお、障がいによって病気の発見が遅れたり、治療が困難だったりするなど、障がいのある人たちの人生には多くの苦難を伴う、障がいのある人たちの人生がいかに厳しいかということを一人ひとりの老いの姿から学べました。

誰しもが、「老い」には勝てません。自分のことと思いながら研修を受けました。

地域包括ケアの展望と課題

中央区にあるマイドーム大阪で開催された 「地域包括ケアの展望と課題」の研修に参加しました。

当日主催のフランスベッドの最新の車いすやベッドを見て、とても感心しました。

会場は、大ホールで300人収容でした、東京はじめ全国からの参加でした。

今後「地域」のことをもっともっと考えなければなりませんね。

ページトップへ