カテゴリー: その他!!

平成30年2月19日 年間行事予定

街中で見かけました。

言わずとしれた四天王寺さんの年間行事予定表ですね。

我々もあるんですよ。年間の行事予定は。 

これが、わが社の年間行事予定表です。

平成30年2月18日泉佐野市場

週末を利用して、関西空港のおひざ元 泉佐野の市場に買い出しに行きました。

当日は、絶好の行楽日和でした。

海も穏やかで、すっかり春らしくなってきました。

デイサービスで、食べていただく食材をたくさん買いました。

わかめ・太刀魚・サバ・シシャモ・ほっけ・塩サバ・じゃがいも等差し入れいたしました。

皆さん乞うご期待してください。

平成30年2月15日藍野花園病院

藍野花園病院に入院中の利用者さんのお見舞いに行ってきました。

すると思わぬことに、なんと本日から外泊希望なので一緒に帰りますとのこと。

びっくりしました、でも表情も明るく、お元気になられていたので、やれやれです。

まわりの入院患者さんに私を紹介して、何故かご本人有頂天になっていました。

平成30年2月14日サ高住

知り合いの方が住んでいるサ高住にお邪魔しました。
       
とても開放的で清潔で好感が持てました。

たくさんの地域情報がありました。
施設のイベントも盛りだくさんです。
季節柄の注意喚起のポスターもあり、こういうのもいいなと感じました。
食堂はとても大きく、利用したくなる雰囲気でした。

平成30年2月9日東大阪市御厨 物件

久しぶりの不動産のお話です。

東大阪市御厨の物件です。

知り合いの方からのご紹介です。

建物の年数が古いのですが、土地40.29㎡です。

建物は、3DKでガレージ二台OKです。

金額450万円です。空き家です。

地下鉄中央線長田駅徒歩10分です。

ご興味ある方は、お問い合わせください。

どうぞよろしくおねがいします。

平成30年2月7日寝屋川水系工営所

東大阪市御厨の第二寝屋川付近にある中古物件の査定・調査で城東区に ある寝屋川水系工営所に行ってきました。
係官が大変親切で助かりました。
建築当時、申請にミスがあったようで調査に 時間がかかりました。
おかげさまでこちらはすっきりさわやかで帰社できました。

近日中に近畿レインズに掲載いたします。

ありがとうございました。

平成30年1月30日新大阪荷物処分

新大阪での荷物・処分品の搬出でてんてこ舞いでした。

木材やら鉄棒、パーテーション等々これでもか大賑わいでした。

なにやら不審な商品もあったらしく、処分に苦戦しておりました。
皆さんのお手伝いもあって、何とか無事整理・処分が整いました。

たくさんのお手伝いありがとうございました。

平成30年1月27日これからの介護経営

本日は、淀屋橋にある「オドナ」に行ってきました。

16Fにある三井住友海上火災保険海上さまの大ホールで開催された 。

「これからの介護経営」について (株)スターパートナーズ 斉藤社長さまより、講義を受けました。

とても参考になりました、特に人材採用・育成では本気で 取り組まねばなりません。
 
さて始まる前に昼食です、今日は、サケの入ったドリアとパンを食べました。
オドナ1Fグッドスプーンで食べましたが、12時前なのに大混雑でした。

とてもおいしくいただきました、今度は家族でお邪魔します。

ご馳走様でした、合掌。

淀屋橋は、景色もとても素敵でした。

そう 昨年末に夜のイルミネーション見学で来ましたね。

平成30年1月6日 初詣 

由緒ある天王寺区にある生玉神社へ初詣に行ってきました。

当日は、近頃の天候とはうって変って、あったかいお天気で過ごしやすかったです。

大阪市中心部、難波宮跡や大坂城(大阪城)から南西方の生玉町に鎮座する。かつては現在の大坂城の地に鎮座し、中世にはその社地に近接して石山本願寺も建立され繁栄したが、石山合戦後の豊臣秀吉による大坂城築城の際に現在地に遷座されている。

この生國魂神社が祭神とする生島神(いくしまのかみ)・足島神(たるしまのかみ)は、国土の神霊とされる。両神は平安時代に宮中でも常時奉斎されたほか、新天皇の即位儀礼の1つである難波での八十島祭(やそしままつり)の際にも主神に祀られた重要な神々で、生國魂神社自体もそれら宮中祭祀と深い関わりを持つとされる。また、同様に大坂城地から遷座されたという久太郎町の坐摩神社とともに、難波宮との関わりも推測されている。その後中世・近世を通じても崇敬を受け、戦前の近代社格制度においては最高位の官幣大社に位置づけられた、大阪の代表的な古社の1つである。

古くからの社殿・神宝は幾多の火災・戦災によって失われたが、現本殿には「生國魂造(いくたまづくり)」と称する桃山時代の独特の建築様式が継承されている。また、7月11日・12日の夏祭など古くからの祭りが現在まで続けられている。

たくさんの方が初詣に来られていました。結婚式場もあり、駐車場もあり、案外いい場所を発見しました。

平成29年12月19日火曜日 金沢 香林坊

 香林坊にも行って来ました。

以下 広辞苑より

 
町名の由来は、比叡山の僧であった香林坊が還俗して、この地の町人向田家の跡取り向田香林坊(むこうだこうりんぼう)となり、以来目薬の製造販売に成功して「香林坊家」として繁栄したという説が有力である。再開発された映画街の広場には、この由来にちなんで、メグスリノキが植生されている。

江戸時代には、金沢城に近い地の利を生かし北陸街道沿いに商店が建ち並ぶ商店街として、同様に街道沿いの橋場町、尾張町、武蔵ヶ辻などと共に発展[1]。明治時代になり、近くに旧制第四高等学校が出来たことから、学生向けのカフェや映画館などが集積することとなり、北陸最大の繁華街となった。

1923年(大正12年)片町に宮市百貨店が、1930年(昭和5年)武蔵ヶ辻に三越が開店し、相対的に客足が遠退いた。しかし、1986年(昭和61年)、市街地再開発事業である香林坊アトリオのキーテナントとして、宮市百貨店を前身とする大和が香林坊に移転し、再び金沢市の中心的商店街となった。このほか、同時期の市街地再開発事業で誘致された香林坊東急スクエアなどの商業施設があり、若者の集まる街になっている。

2009年までの15年にわたって石川県における路線価が最も高額な地点であったが、2010年にはその地位を金沢駅東口(堀川新町)に譲ることとなった。

街中のスーパーのゲームセンターは、親子連れで大賑わいでした。

UFOキャッチャーは、今だに人気アイテムなんですね。

夜は、大阪御堂筋と同じくイルミネーションがありました。

帰路の福井県の高速道路の尼御前サービスエリアで昼食をとりました。


広々店内で、思い思いのランチを食べました。

食後のコーヒーは、疲れを癒してくれますね。

しかしどこもかしこもクリスマスです。

日本は、いい国だなと実感いたしました。

末娘の下宿にまた遊びに行きたいと思いました。

娘よ、しっかりがんばれ~と言ってきました。

ページトップへ