ブログ

平成31年1月23日 そういうものなので仕方ない

横綱 稀勢の里が引退するというニュースを見て、随分前のこの記事のことを思い出しました。

横綱は負け続けることは許されない。
理由はどうあれ、休み続けることもできない。
番付を下げることもできない。
だからそうなれば引退するしかない。

「一片の悔いもありません」という言葉とは裏腹に、大粒の涙が本当の気持ちを表していたのではないかと感じたのは私だけではないと思います。

「そういうものなので仕方ない」が多い日本。
相撲は神事ということもあり致し方ない部分はあるかもですが、ビジネスは持続・進歩・発展が前提。
働き方改革や、外国人雇用拡大に向けた最大の壁は、組織の中の「当たり前」にあるのかもしれないと、稀勢の里の引退会見を見て、ふと感じさせられました。

平成31年1月23日 当たり前の壁

どうすれば新しい現実に気づき、問題解決を提案できるか?
答えの一つはダイバーシティ(多様性)だろう。
具体的には企業が外国人を雇うことだ。

異文化で育った外国人と対話をする時、日本人の「当たり前」が通用しなくなる。
全て分かるまで説明しなくてはいけない。
そうするうちに、当たり前の中に問題が潜んでいることに気づかされる。

「日本ではなぜ、新卒採用が1年に1回、同時に行われるのか」
「なぜ女性の管理職が少ないのか」
「なぜ皆残業するのか」

これらを正確に説明出来る人は少ない。
典型的な答えは「日本の習慣だから」「そういうものなので仕方ない」というものだが、外国人にとって答えになっていない。
なぜそのような習慣になっているかを説明しなくてはならない。
調べ、考え抜く中で、問題の本質が見えてくる。

私は外資系企業にいて、外国人を相手に、常に「当たり前」に対する答えを出す努力をしてきた。

このことが問題を考える上で、役に立っていると思う。

読売新聞(2017.12.23)
「関西経済・広論 ネスレ日本社長 高岡浩三」より引用

平成31年1月23日 2019南京町春節祭

中国では、旧暦のお正月を「春節」として盛大に祝います。
神戸市にある南京町では、旧暦のお正月に合わせ、1987年から「春節」をアレンジした「春節祭」の開催が始まります。
4日間の開催中、パレードなどいろいろなイベントが行われますので、この機会に南京町を訪ねてみてはいかがですか。

[日時] 2月5日(火・旧暦元日)、9日(土)、10日(日)、11日(月・祝)
       *2月3日(日)には、プレイベントが行われます。
[場所] 南京町 (JR・阪神「元町」駅から徒歩約5分)

イベントスケジュールなどくわしい内容については、
神戸南京町のホームページを見てください。
https://www.nankinmachi.or.jp/event/shunsetsu/2019/event.html

平成31年1月23日 国際交流のための日本文化講座「日本酒コース」開講!

世界を舞台に活躍するためには、言語が堪能であるだけではなく、自らのアイデンティティの基礎である日本文化やその背景を相手に伝え、理解してもらう力も重要です。
2月からは、「日本酒コース」がスタートします。
今年の「日本酒コース」では、日本酒の作り方や種類、ラベルの読み方をはじめ、産地による味の違いや地酒の種類について学びます。また実際に何種類か試飲をします。
英語で日本酒に関する表現を身につけ、最終回には留学生と一緒に酒蔵見学をします。
http://www.ih-osaka.or.jp/news/20181119_4615/

[日時] 
第1回 2月 7日(木)18:45-20:15「日本酒のラベルから味を知る 講義と試飲」

第2回 2月14日(木)18:45-20:15「地酒の種類と味の違い 講義と試飲」
           
第3回 2月21日(木)18:45-20:15 「英語で学ぼう~日本酒~」
   
第4回 2月23日(土)、2月24日(日)「英語で交流~酒蔵見学と試飲~」
    山野酒造株式会社で留学生と一緒に酒蔵見学をします。
       ※時間調整中

[場所] 第1~3回 大阪国際交流センター会議室
        第4回   山野酒造株式会社(大阪府交野市)
[対象] 国際交流に関心があり、留学・仕事など海外で活躍したい方や、日本の文化
       に関する英語表現を学びたい方
[定員] 60名 ※先着順。定員に達し次第締め切ります。
[参加費] 10,000円(体験料込)
        *会員割引、学生割引、グループ割引、複数割引あり
[申込方法] 
名前、連絡先を、電話、Fax、ホームページのメールフォームで連絡してください。

[お問合せ・お申込み]
(公財)大阪国際交流センター インフォメーションセンター
TEL:06-6773-8989  FAX:06-6773-8421

平成31年1月23日 外国人のための防災研修「災害の時にあなたにできること」

災害の時の情報の集め方や、周りの人と連絡をとる方法、家に帰れない状態の時にどうすればよいかや、普段準備しておいた方がよいことなどを勉強します。あなたがこれらを知っていることで、他の外国人を助けることもできるのです。
特に留学生や、コンビニ、お店、ホテルなどで観光客に接する仕事やアルバイトをしている人はぜひ参加してください。
くわしくは、ホームページを見てください。
http://www.ih-osaka.or.jp/news/20190117_4658/

[日時]   2019年2月1日(金)  13:30 – 16:30
[場所]  大阪国際交流センター 2F 会議室A/B
[参加費] 無料 ※防災グッズをプレゼント!
[申込方法] 電話またはホームページの申込みフォームにて、名前、電話番号、国籍、メールアドレスをご連絡ください。

[お問合せ・お申込み]
(公財)大阪国際交流センター インフォメーションセンター
TEL:06-6773-8989  FAX:06-6773-8421

平成31年1月23日 就学通知書は届いていますか

<2019年4月1日から新しく1年生になる子ども>
小学校への入学:2012年4月2日~2013年4月1日までに生まれた子ども中学校への入学:小学校を2019年3月に卒業する予定の子ども

*2013年4月1日に生まれた子どもは、2013年3月までに生まれた子どもと  同じ時に小学校へ入ります。

12月の終わりに、住んでいる区の区役所から、学校に入る子どもの保護者に就学通知書を送っています。
就学通知書には、子どもの入学する予定の学校の名前が書いてあります。
保護者の人は入学式の日に、就学通知書を学校まで持ってきてください。大阪市立の小学校・中学校への入学を希望している人で、まだ就学通知書が届いていない人や、子どもが国立・私立の学校へ入学する人は、住んでいる区の区役所就学事務担当窓口まで連絡してください。
 
[お問合せ]
住んでいる区の区役所就学事務担当窓口または区役所出張所
http://www.city.osaka.lg.jp/
大阪市教育委員会事務局 学事課
TEL:06-6208-9115  FAX:06-6202-7052

平成31年1月22日 トマトを食べて毎日元気

お医者さんが選ぶ健康に良い野菜ランキング1位にも輝くトマトは、最近になって研究が進み美肌効果、老化防止、ダイエットにも効果があるということで大変注目されている野菜です。この冬の感染症が流行る季節にも強い味方となってくれると思います。

トマト学名:【Solanum lycopersicum】(リコペルシコン・エスクレンタム)
Lycos(リコス)は「狼」、Persicon(ペルシコン)は「桃」、esculentum(エスクレンタム)は「食べられる」という意味。原産地は南アメリカとされ、17世紀半ばに日本に伝来し、食用になったのは明治以降とされている。

注目の「リコピン」とは
トマトの赤はリコピンの色。自然に存在する色素カルテノイドの一種で、抗酸化力が強く、βカロテンの2倍、ビタミンEの100倍にもなります。ただし、カロテノイドの吸収性が悪く、加工品から効率良く摂取することがオススメです。
1日摂取目標は15㎎。プチトマトなら約15個相当。トマトジュースなら190ml缶1本くらいです。赤く熟した大玉トマトには約5~7㎎のリコピンが含まれています。

主な栄養成分と効果
リコピン(アンチエイジング)・クエン酸(疲労回復)・ケルセチン(動脈硬化予防)・食物繊維(整腸作用)・カリウム(血圧抑制)・グルタミン酸(ダイエット)

赤みが濃い程、リコピンが多く含まれおり、熟しておいしくいただけます♪ みなさんも毎日の食卓にトマトを取入れてみてはいかがでしょうか!!

平成31年1月22日 障害者差別解消法って?

この法律、正式名称は、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」です。聞いたことありますか?

今回は、話の視点を差別する側に持って行きます。しかも、全体的傾向という論点で進めます。

差別と一言で言ってもいろいろあります。女性差別、人種差別、民族差別などなど。その中で障害者を差別する心理について書いていきます。

一般に「障害者をどう思いますか?」のような質問をしまして、答えをたくさんの人から集めて統計的な手法をで分析しますと、「障害者を下に見ている」という結果が出てきます。

では、どれくらい「下」なのかと言いますと、「非人間」という結果が出ている調査もあります。非人間といってもいろいろでしょう。その調査での分析では、「家畜」とされています。ちょっと驚きますね。障害者は、家畜レベルに思われているなんて…。

もちろん、この手の調査は、諸条件.. 国、方法、時期、人数などで多少のばらつきが出てきます。出てきながらも、「下」であることに変わりはありません。

こういう調査には、一つ気をつけなければならないことがあります。それは「障害者という人はいない」ということです。分かりますか?日本人という人がいないのと同じです。私は日本人です。これを読んでいるあなたも日本人でしょう。では私とあなたは同じですか?違いますよね。日本人という人がいないのと同じように、どこにもいない障害者という個人がいるかのごとく調査するというのは気をつけて結論を導かなければなりません。以下、そのことについて説明します。

例を一つ創作しましょう
「Aさんは、地方の高校卒業し、東京の大学で法律を学び、卒業後に渡米してハーバード大学で法学の博士号を取得し、現在、東京大学で教授として働いて多くの優秀な学生を育て上げています。また、その傍ら、国連の機関で人権保護のためにも働いています。この方は、生まれつきの下肢障害のため車椅子で生活している女性です。」この方をどう思いますか?

このように質問しましたら、きっと答えやすいでしょう。あなたは、例に挙げたAさんのプロフィールのどれに一番心を動かされましたか?

次に、「障害者のAさんは、生まれつきの下肢障害で車椅子で生活している女性です」、ならどうでしょう。ずいぶん印象が変わったのではありませんか?

最後に、「障害者をどう思いますか?」と聞かれたらどうでしょう。この質問には全く具体性がありません。ですから、どう思うもなにも答えようがないというのが、正しい回答のはずなのです。にも関わらず、誰もが、きちんと回答します。それは、どういうことでしょうということです。

私たちの心は、すぐに結論を出したいのです。それは生き抜くための本能に近いもの。ジャングルで歩いていて、右の方からガサゴソと近づいてくる音がする。それが何であるかが1メートル以内に近づかなければ分からない。もしかして猛獣かもしれない。などと考えている前に、さっさと逃げるが、生き抜くための第一選択でしょう。分からないものは、『自分にとってマイナス』という瞬間的判断が自動的に働いていなければ、人類の存続はありなかったのです。

これでおおよそ分かった方が多いかと思います。
障がい者という人はいない。いないから分からない。分からなければ、マイナス。ただそれだけのことです。ですから、この手の調査というのは、どのように調査したのかも含めて結果を見ないと、結論を見誤る可能性があると私は考えています。とはいえ、健常者が、ただそれだけのことで、障害者を低い位置に置いているとは、決して思っていません。

 
今後もみなさんと考えていきたいと思います!!

平成31年1月22日 大根と大根おろしについて

寒い時期にはさいさい登場する大根おろしですね。それに時期的にも安価ですし、ぶり大根がおいしいのも承知のとおりです。

大根のままだとほんのり甘いのに、どうして大根おろしにすると辛くなるのでしょうか?

それは、イソチオシアネートという成分が辛さの正体だからです。
イソチオシアネートは、切ったりすりおろしたりして細胞が壊れて空気に触れると出てくる成分です。

ちなみに、根っこには、葉っぱ付近の約10倍もの辛み成分が含まれていると言われています。

このようなことから、大根のいちょう切りより、大根おろしの方が辛く感じると言う訳です。

大根や大根おろしは水溶性のビタミンですから、煮たりすりおろしたものの変色を嫌って湯通しをしたりすると、その栄養価は半減します。

それと、見た目ではそれほど変わりはなくても、日に日にその栄養価は抜けていっていますので、できるだけ新鮮な内に食すことをお薦めします。

大根は、根っこの部分、中、茎に近い部分では辛さや堅さが違います。
上にも書いたように根っこの部分が一番絡み成分が多く含まれていて、好みに合わせて使い分けるとよいと思います。

イソチオシアネートは、大根のピリッとした辛味やわさびの独特なツンとした香りのもとになっている成分です。大根などをすりおろしたり、切ったりすることで細胞に傷がついて、ミロシナーゼという酵素の働きで生成されます。

他にもイソチオシアネートには、消化を良くする作用や食欲増進効果、血栓が出来るのを予防する作用、殺菌作用などの効果が含まれていると言われています。

*大根の話題を書きましたので、今度は葉を使った簡単な『菜飯』の作り方を紹介します。

まず、柔らかい大根の葉を湯がいてみじん切りにします。そこにだし汁で少し味をつけて搾ります。

それからちりめん雑魚などを入れて、そぼろ焼きにしたタマゴともみのりを入れて、あらかじめ炊いておいたご飯に混ぜます。

炊き込みご飯と違い、暖かいご飯の中に具材を混ぜる�だけでできます。そこで大切なのは、みじん切りにした大根の葉に下味をつけることデス。この作業を怠ると、なんと間の抜けた味になってしまいます。

この辺りでは酢を使う人もいますが、私が思うには酢はあまり向かないような気がします。まあ、ここはお好みですけどね。簡単ですから、少し変化をつけたい時には一度試してみてください。

それから大根の保存ですが、葉っぱをつけたままにしておくと大根本体にスが入りやすくなります。買ってきたら大根の茎を数ミリつけて切り取ります。その後、大根の切り口に湿らせたペーパータオルなどで巻き、ポリ袋に入れ立てて保存します。これはどの野菜にも言えることですが、一番ストレスがかからないのは、生えている状態にしておくことです。逆さまにしたり、横にすると腐りやすくなります。

切り取った葉っぱは、柔らかいものだと塩を振りポリ袋などに入れて汁気が出るまでもみ、その後はお好みの堅さになるまで休ませると簡単な漬物になります。まあ、これは皆さんご存知ですよね。

ブリ大根などを作る時のように大根を厚切りにする場合には、必ず面取りをすることをお薦めします。面取りをするかしないかでは煮崩れを防ぐだけでなくて、味の染み方が違います。それは、面取りをすることで断面積が広くなるからです。料理番組などでは「隠し庖丁を入れましょう」と言われることもありますが、隠し庖丁を入れると、私のように見えないと盛り付ける時にその部分に当たってしまい崩してしまうことがありますから、私は横長に2本くらい軽く切り目を入れています。

面取りした部分の大根は、味噌汁などのぐにしたり、そのままドレッシングやわさび醤油をかけてもおいしいですよ。

 
どうでしたか?ご参考になりましたでしょうか?

平成31年1月17日 健康づくりで人生100年時代

「健康づくりで人生100年時代のビジネスマンになろう」ということで、皆様の生活にすぐ取り入れられる健康の小ワザをご紹介していきます。
今回のテーマは「運動」です。

今回のテーマである「運動」ですが、まずはみなさん日頃運動されていますか?
ある調査(※1)では、20代以上の週1回以上スポーツをしている人の割合は年代が上がるごとに高くなるものの、20~40代の働く世代の合計平均は約半数という結果です。スポーツをしなかった理由として最も多いのは「仕事や家事・育児が忙しくて時間がないから」という回答…読者の中にも同じ状況の方は多いのではないでしょうか。
(※1:東京都オリンピック・パラリンピック準備局発行の冊子「オフィスdeエクササイズ ~働き盛り世代の運動習慣定着化ガイドブック~」より)

確かに、女性が働く環境と男性が育児参画できる環境が整いつつあり、男女の別なく仕事にも家庭にもバランスよく時間配分が求められる時代では、時間はいくらあっても足りません。
しかし、仕事や家庭のことを「こなす」のに精いっぱいになっているのなら、それはもったいないことです。忙しい働く世代のみなさまこそ、「からだづくり」で仕事も家庭も、趣味の世界も前向きに楽しめる余裕を持っていただけたらいいなと思います。

〇働く世代向けの「運動の効用」
1.スタミナがつく。

スタミナとは「体力」、「持久力」、「活力」を指します。運動により筋力がつき、代謝が良くなり、疲れにくくなります。基礎代謝が向上すると、生活習慣病の予防にもつながります。

2.ストレス解消になる

運動するときに脳内で分泌されるホルモンにより、「ながら運動」でもストレス解消やリラックス効果が得られます。また、「わざわざ時間を作って行う運動」では、自分の身体の状態に意識が向くので、自然と情報デトックスの時間にもなります。運動の時間や回数などで自分の成長を感じられることは、自己肯定感や達成感にもつながります。

3.仕事に効く
スタミナが付くことで、仕事中の集中力も保ちやすくなります。また、体を動かすことで「ひらめき」が生まれやすくなるとも言われています。

〇自然と「運動」と「からだメンテ」をしたくなるヒント「1回30分以上の運動」、「1日1万歩」など、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか? いずれも根拠は諸説あるため紹介は控えますが、「からだづくり」で目安となる指標であることは確かです。また、「運動」だけではなく、マッサージなどの「メンテナンス」も組み合わせて行っていきましょう。

1.「1回30分以上の運動」は1日単位で考え「朝、昼、夜10分ずつ」で始めてみる。―「1回30分以上」となると、元々運動習慣がない人にはハードルが高く感じられたり、曜日を決めていても忙しくなると後回しにしてしまうなど、習慣になりにくいというのが実態ではないでしょうか。それよりは、現状より「1日30分体を動かす時間を増やす」と考えて、朝昼晩で10分ずつ時間をとってみるのはどうでしょう? 例えば、朝は通勤時間に1駅分歩いてみる、昼間は休憩時にストレッチや、昼食後に散歩をしてみる、夜はお風呂の中やテレビを見ながらふくらはぎマッサージをしてみる、などです。そして、これらを毎日続けることが重要です。

2.「1日1万歩」は週�単位で考え、「1週間で7万歩」を目指してみる。―業種や予定により「1日単位」で考えると達成できない日も出てしまいます。そこで、達成できているか否かだけではなく、1週間単位で見ることで運動量を把握する方法はどうでしょう?具体的な数字目標が出来るので、時間がとれる日はたくさん歩くなどの工夫がしやすくなります。このように、まずは「運動する習慣をつける」ことに意識を向けてみて、「何を」「どれくらい」行うのかは徐々に工夫していけば、楽しく続けられるのではないでしょうか。

◎健康豆知識
その1:職場でできる運動はこちらのサイトがオススメ!「オフィスdeエクササイズ~働き盛り世代の運動習慣定着化ガイドブック~」―自然に行っている「両腕を上にあげる全身伸び」以外に、「肩こり解消」、「足のむくみ取り」、「体幹を鍛える」などに効果のある動きが多数紹介してあるので、エクササイズのバリエーションを増やすのにもってこい! 下記からダウンロードできます。
https://www.tokyo-cci.or.jp/office_exercise_guide_book.pdf

その2:「ふくらはぎは第2の心臓」、筋トレ・マッサージ両方オススメ!―血液は心臓から送り出され、全身をめぐり酸素や養分を届け、二酸化炭素などの老廃物を受け取り再び心臓に戻ってきます。長時間の立ち仕事やデスクワーク、そして筋力が弱いとこの循環が上手くいかず、足のむくみや冷えとして症状に現れます。ふくらはぎの筋肉がこの循環のポンプの役割を果たすので、筋トレで鍛えたい箇所の一つです。また、マッサージすることでリンパの流れも改善できます。

※今回は「運動」をテーマにお伝えしましたが、ご自身の体調に不安がある方、制限がある方はどうぞご無理なさらず医師に相談の上で行うなど、ご身の体調に合わせて行ってください。

ページトップへ