ブログ

平成30年10月22日 高石商工フェスティバル  

秋の青空の下、高石市に行ってきました。

すごい人だかりでした。

三井化学さん主催で「ふしぎ探検隊」という名で科学実験をしていました。

なにやら「怪しげな」雰囲気でした。

自衛隊から「ジープ」のような装甲車も来場していました。

ミニSLも登場し、一回ひとり100円で乗車していましたよ。

なにやら、こどもが消防士に扮してポーズをとっていました。

高石商工会の皆さん、どうもたくさんのアトラクションありがとうございました!!

平成30年10月22日 電車内暴力

つい、「カッとなった」。

人生が、ガラリと変わります。

暴力は、犯罪です。

H28年度 鉄道係員への暴力は、なんと712件もありました。

皆さん 何かあっても是非冷静に落ち着いて行動しましょう!

平成30年10月21日 てんてん祭り

本日は、天王寺小学校で「てんてん祭」が開催されておられ、少しの時間ですがお邪魔してきました。

老若男女たくさんの方々が来られ、賑わっておりました。

たこやき・ハンバーガー等、地域の方々でお祭を盛り上げており、とても良い光景でした。

また来年も開催された際は利用者の方々にも行っていただけたらと思っております。

 

平成30年10月20日 サイクリング

利用者T様との大和川沿いを奈良方面へ柏原市までサイクリングに出かけました。

天候は朝9時前にパラパラと雨は降ったものの、その後は天気も良くサイクリング日和でした。

T様も気分良くサイクリングされて満足されておりました。

帰宅後は疲れた~と笑い、満足して事故もなく無事に終わりました。

他事業所見学

他事業所見学しました。

 

利用者様への配慮、スタッフが働きやすい様に工夫され、設備も充実し、驚くばかりでいました。

手厚くお出迎え頂き、感激しました

お忙しいところ、色々とありがとうございました

平成30年10月17日 世界食料デー(World Food Day)

皆さん、こんにちは。
     
本日10月16日は、世界食料デー(World Food Day) 。 
     
世界の食料問題を考える日として国連食糧農業機関(FAO)が制定した日で、1979年の第20回FAO総会の決議に基づき、1981年から世界共通の日として制定。

     

世界の一人一人が協力し合い、最も重要な基本的人権である「すべての人に食料を」を現実のものとし、世界に広がる栄養不良、飢餓、極度の貧困を解決していくことを目的としています。FAO駐日連絡事務所HPより自分が出来ることは何か、ちょっと立ち止まって考えてみようと思います。

平成30年10月17日 四天王寺ワッソ

古代、大阪は日本における東アジア交流の重要な地点であり、大阪には「なにわの宮」と呼ばれる都がありました。
四天王寺ワッソは、百済・新羅・高句麗などの国々からやって来た歴史上の人物と日本の偉人たちが交流する様子を再現したお祭りです。
雅楽、韓国の伝統芸などが見られるプレステージや、東アジアや東北、九州などのいろいろな地域の品物が買える「エントランス広場」、いろいろな食べ物や飲み物を楽しめる「まんぷく屋台広場」などもあります。
ぜひ、ご家族やお友達を誘ってお出かけください。
http://wasso.net/

[日時] 11月4日(日)10:30-17:00
[場所]  史跡なにわの宮跡
   (地下鉄谷町線「谷町四丁目」10番・11番出口より徒歩5分、JR大阪環状線「森ノ宮」
    駅より徒歩15分)
[参加費] 入場無料(観客席への入場は座席券が必要です。)

[お問合せ] 
四天王寺ワッソ実行委員会
TEL:06-6371-8703

平成30年10月17日 kokoka OPENDAY 2018

日本、中国、韓国の3つの都市の芸能団によるステージパフォーマンスや、いろいろな国の料理や雑貨を楽しめる「万国屋台村」、世界の音楽や踊りを楽しめる「グローバルステージ」など楽しいプログラムがいっぱいです。
事前申込みが必要なプログラムもあります。
詳しくは、下記のホームページを見てください。
http://www.kcif.or.jp/HP/jigyo/tabunka/jp/openday/2018/index.html

[日時] 11月3日(土・祝)
    10:00-16:00 
[場所] kokoka 京都市国際交流会館(京都市左京区粟田口鳥居町2-1)
    (地下鉄東西線「蹴上(けあげ)駅」から徒歩6分)
[費用] 入場無料

[お問合せ]  
(公財)京都市国際交流協会
TEL:075-752-3511

平成30年10月17日 神無月(かんなづき)

暦(こよみ)は、日や月や季節の移り変わりを知るため、古くから暮らしに欠かせないものでした。
暦は中国から朝鮮半島を通じて日本に伝わりました。むかしの暦では、月の日本風の呼び名を使用していました。
これは、暦の季節や行事に合わせた呼び方です。

その中で、10月のことを「神無月(かんなづき)」といいました。

 
神無月の意味には、いろいろな説があります。宮廷で穀物の収穫を神様に感謝する11月の行事(「新嘗祭(にいなめさい)」)の準備として、収穫したばかりの米でお酒を醸造する(つくる)、という意味の「かみなんづき」(漢字で「醸成月」と書きます)からこう呼ばれるようになった、という説があります。
これが最も有力なようです。
他には、夏の雷の多い月が終了したので、「雷なし月(かみなりなしづき)」のこととする説もあります。

また、貴族や武士が活躍する時代になると、日本全国の様々な神様が一年に一度、10月に出雲(いずも)に集まって会議をするので、神様が留守にする、「神無し月(かみなしづき)」となったという説が生まれてきたようです。

平成30年10月15日 バックパッカー

皆さん、こんにちは。

知人のドイツ人大学生がバックパッカーで日本に来ているという話を聞きバックパッカーについて少し調べてみました。

世界最大のホステル・ゲストハウス予約サイトのホステルワールド※の調べによると、2016年サイト利用者に最も予約された旅行先として日本は13位になっています。
 ※世界有数のホステル・ゲストハウスの予約プラットフォーム

 【上位の国】
 1位 スペイン
 2位 イタリア
 3位 タイ
 4位 イギリス
 5位 アメリカ合衆国

 【日本国内のホステル・ゲストハウス予約者ぼ国籍別内訳】
 1位 アメリカ合衆国
 2位 オーストリア
 3位 イギリス
 4位 カナダ
 5位 韓国
 となっています。【観光経済新聞より
     

ページトップへ