ブログ

平成30年1月6日 初詣 

由緒ある天王寺区にある生玉神社へ初詣に行ってきました。

当日は、近頃の天候とはうって変って、あったかいお天気で過ごしやすかったです。

大阪市中心部、難波宮跡や大坂城(大阪城)から南西方の生玉町に鎮座する。かつては現在の大坂城の地に鎮座し、中世にはその社地に近接して石山本願寺も建立され繁栄したが、石山合戦後の豊臣秀吉による大坂城築城の際に現在地に遷座されている。

この生國魂神社が祭神とする生島神(いくしまのかみ)・足島神(たるしまのかみ)は、国土の神霊とされる。両神は平安時代に宮中でも常時奉斎されたほか、新天皇の即位儀礼の1つである難波での八十島祭(やそしままつり)の際にも主神に祀られた重要な神々で、生國魂神社自体もそれら宮中祭祀と深い関わりを持つとされる。また、同様に大坂城地から遷座されたという久太郎町の坐摩神社とともに、難波宮との関わりも推測されている。その後中世・近世を通じても崇敬を受け、戦前の近代社格制度においては最高位の官幣大社に位置づけられた、大阪の代表的な古社の1つである。

古くからの社殿・神宝は幾多の火災・戦災によって失われたが、現本殿には「生國魂造(いくたまづくり)」と称する桃山時代の独特の建築様式が継承されている。また、7月11日・12日の夏祭など古くからの祭りが現在まで続けられている。

たくさんの方が初詣に来られていました。結婚式場もあり、駐車場もあり、案外いい場所を発見しました。

にこにこ庵 勉強会

前回に引き続き勉強会を行いました。 参加していただいた皆様ありがとうございました。 みなさん真剣に取り組んでいただき、感謝いたします。

平成29年12月19日火曜日 金沢 香林坊

 香林坊にも行って来ました。

以下 広辞苑より

 
町名の由来は、比叡山の僧であった香林坊が還俗して、この地の町人向田家の跡取り向田香林坊(むこうだこうりんぼう)となり、以来目薬の製造販売に成功して「香林坊家」として繁栄したという説が有力である。再開発された映画街の広場には、この由来にちなんで、メグスリノキが植生されている。

江戸時代には、金沢城に近い地の利を生かし北陸街道沿いに商店が建ち並ぶ商店街として、同様に街道沿いの橋場町、尾張町、武蔵ヶ辻などと共に発展[1]。明治時代になり、近くに旧制第四高等学校が出来たことから、学生向けのカフェや映画館などが集積することとなり、北陸最大の繁華街となった。

1923年(大正12年)片町に宮市百貨店が、1930年(昭和5年)武蔵ヶ辻に三越が開店し、相対的に客足が遠退いた。しかし、1986年(昭和61年)、市街地再開発事業である香林坊アトリオのキーテナントとして、宮市百貨店を前身とする大和が香林坊に移転し、再び金沢市の中心的商店街となった。このほか、同時期の市街地再開発事業で誘致された香林坊東急スクエアなどの商業施設があり、若者の集まる街になっている。

2009年までの15年にわたって石川県における路線価が最も高額な地点であったが、2010年にはその地位を金沢駅東口(堀川新町)に譲ることとなった。

街中のスーパーのゲームセンターは、親子連れで大賑わいでした。

UFOキャッチャーは、今だに人気アイテムなんですね。

夜は、大阪御堂筋と同じくイルミネーションがありました。

帰路の福井県の高速道路の尼御前サービスエリアで昼食をとりました。


広々店内で、思い思いのランチを食べました。

食後のコーヒーは、疲れを癒してくれますね。

しかしどこもかしこもクリスマスです。

日本は、いい国だなと実感いたしました。

末娘の下宿にまた遊びに行きたいと思いました。

娘よ、しっかりがんばれ~と言ってきました。

平成29年12月18日(月曜日)クリスマス商戦

どこもかしこもクリスマス商戦ですね、我々が日頃お世話になっている「ダイソー」さん。

なんと12月は、その他の月より売り上げが、2~3倍に跳ね上がるそうです。

みなさん、気持ちたくさん買っているかなと思いました。

でもそれもあと一週間です、その後は一気に正月モードですね。

平成29年12月12日(火)目からウロコの業績&生産性ダブル向上セミナー

新大阪に研修に行ってきました。

クリスマスの雰囲気ムンムンですね。

今日は、株式会社エントエントの松本社長による「目からウロコの業績&生産性ダブル向上セミナーです。

正しい人事制度を運用すると

①スタッフが元気に自立的に成長する

②お互いに教えあい、事業所が明るくなる

③飛躍的に継続的に業績・生産性が向上する

④スタッフの昇給が増える

⑤経営者は人事のストレスから解放される

どうでしょうか?是非我々も追随したいものです。

みなさん、、、よろしくです。

知的障がい者の高齢期の暮らしの支援を考える

大阪国際交流センターで行われた「知的障がい者の高齢期の暮らしの支援を考える」に行ってきました。

生まれた時から障がいと共に生き、老いに面してもなお、障がいによって病気の発見が遅れたり、治療が困難だったりするなど、障がいのある人たちの人生には多くの苦難を伴う、障がいのある人たちの人生がいかに厳しいかということを一人ひとりの老いの姿から学べました。

誰しもが、「老い」には勝てません。自分のことと思いながら研修を受けました。

地域包括ケアの展望と課題

中央区にあるマイドーム大阪で開催された 「地域包括ケアの展望と課題」の研修に参加しました。

当日主催のフランスベッドの最新の車いすやベッドを見て、とても感心しました。

会場は、大ホールで300人収容でした、東京はじめ全国からの参加でした。

今後「地域」のことをもっともっと考えなければなりませんね。

防災訓練研修

住吉区役所の防災訓練研修に行ってきました。

区役所で一番大きい大ホールでの開催です。

救急車の展示もありました。

老若男女の参加で大賑わいでした。

日頃からの備えが大事ですね。

我々も今一度考えさせられました。

12月9日天王寺本社忘年会

本日は、天王寺本社の忘年会です。

場所は、上六にあるホテルアウイーナです。

メンバーは社長・統括管理者・大野係長・岸主任・松田管理者・大岸スタッフ・八木スタッフの合計7名でおこなわれました。

料理はステーキバイキングで、他にもチーズフォンデゥや生ハム等、豪華な食べ物がいっぱいでした。
一時間半の飲み放題で、皆さんお腹いっぱいになり満足されておりました。

内容は忘年会と言うことで、今年の振り返りを話し、来年の抱負を発表させていただきました。
来年は、今年以上に利用者様が喜んでもらえる様にスタッフ一同、常に勉強して利用者様に安全で安心した在宅生活が送れるように心がけようと思っております。

みんなの反応は今年もあと少しですが、めいっぱい頑張り来年も利用者様が喜んでもらえる様に気合が入っております。

また来年も、どうぞ訪問介護クローバーホームをよろしくお願いいたします。

1 / 1112345...10...最後 »

ページトップへ