ブログ

令和2年3月17日 野菜摂取量

 ┏━┓
┃★┃ 実は、日本人の野菜摂取量は多い!?
┗━╋…─────────────────────────────
健康のために、たくさん野菜を取りましょう。と言われたことはありませんか?でも実は、世界的に見ると日本人はよく野菜を食べている方です。1990年代にイギリス、ドイツ、イタリアなどで行われた調査によると、1日あたりの野菜摂取量の平均は、イギリス162g、ドイツ163g、イタリア204gだったそうです。
それに比べて、平成30年度の国民健康・栄養調査報告による日本人の1日当たりの野菜摂取量の平均は、270g。
一方、果物の摂取量はイギリス、160g、ドイツ223g、イタリア372g、日本97gと圧倒的に、少ないのが分かります。糖尿病の予防のためには、1日あたり200g程度果物を食べた方が良さそうだというデータもあります。
日本人は、もう少し果物を食べる方がよいようです。果物からは、不足している人が多い栄養素、カリウムの摂取が期待できます。カリウムは水に流れやすく、ゆでたり、煮たりすると減ってしまう栄養素です。
果物は洗ったらそのまま食べられるものが多いので、カリウムの損失を小さくすることができます。

┏━┓
┃★┃ 春の果物といえば・・・
┗━╋…─────────────────────────────
春の果物といえば、ビタミンCを豊富に含むイチゴでしょう。種類にって、酸味や甘味など、味に特徴がありますので、好みのイチゴを探してみるのも楽しいですね。またこの時期は、柑橘類も充実しています。
伊予柑や八朔だけでなく、清美オレンジやせとかなど、剥きやすく食べやすい品種も多く出回っています。柑橘類の場合は、薄皮に食物繊維が多く含まれていますので、食物繊維不足が気になる方には、薄皮ごと食べられる品種がおススメです。

┏━┓
┃★┃ たくさん果物が手に入った時は・・・
┗━╋…─────────────────────────────
たくさんイチゴが手に入ったら、サワードリンクにしてみてはいかがでしょうか?イチゴを洗って下手を取った状態で重量をはかります。そして、同量の氷砂糖と酢で漬け込みます。1週間ほどで出来上がりです。
ビタミンCは大幅に減ることが予想されますが、カリウムと食物繊維は�残ります。冷蔵庫に入れておけば、初夏の頃まで保ちますから、炭酸水で割って飲むと美味しいです。
また、牛乳で割るとヨーグルトのような味わいになって美味しく頂けます。果肉はヨーグルトに入れると美味しいです。同じようにオレンジ、キウイフルーツ、ブルーベリーでも作れますので、試してみてはいかがでしょうか。

ページトップへ