ブログ

令和元年6月12日 大雨に注意しましょう

大阪市では、下水道の整備など、浸水対策を進めています。しかし、1時間に60ミリを超える雨が降ったり、60ミリ以下でも短時間に非常に強い雨が降ったりした場合には、浸水することがあります。
身の回りでできることに取り組みましょう。

<身の回りでできること>
① 防災マップなどで大雨が降ったときの浸水予想や避難場所、避難する道を確認しておきましょう。
② 避難場所や避難する道は実際に歩いたりして確認しておきましょう。
③ 外へ避難することと2階以上に避難することのどちらがよいかを考えましょう。
④ 貴重品は水に浸からない場所に移動しましょう。
⑤ 下水道への入り口である排水溝や、ますにごみや砂を掃きこまないでください。
植木鉢などでふさがないでください。
(ます:道路や庭の雨水を集める場所)
⑥ 防災マップなどで浸水しやすい地域や低い場所に住んでいる方は、土のうなどの準備をしておきましょう。
(土のう:土を入れたふくろ。雨水が流れ込まないように積み上げて使います。)
⑦ 地下に部屋がある場所は、排水設備を確認したり、土のうや止水板などを準備しておきましょう。
(止水板:水の流れを止める板)

[気象情報・防災情報の入手方法]
防災マップ
http://www.city.osaka.lg.jp/kikikanrishitsu/page/0000104403.html
大阪市降雨情報提供サービス
http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000389230.html
高解像度降水ナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/highresorad/

 [お問合せ]
大阪市建設局下水道部施設管理課
TEL:06-6615-6484FAX:06-6615-6583

ページトップへ