ブログ

お祭りに参加!!

あいにくの天気でしたが、薬の町・道修町 神農祭(しんのうさい)に行ってきました、たくさんの出店が軒を連ねていました。

なんと 大阪市無形文化財指定です。

神農祭といえば 「張子の虎」、なぜ虎なのかご存知ですか?

江戸時代末期の1822年、コレラが日本へ入り、大阪でも多くの死者を出しました。

コレラは、病にかかると2~3日でコロリと死ぬから「三日コロリ」、あるいは虎と狼が一緒に襲ってきたような

病の意味で「虎狼痢」とも言われました。

また少彦名神社は、通称「神農さん」として親しまれています。

「少彦名命」は、古事記や日本書紀にも示されている日本医薬の祖神、「神農災帝」は中国の中国医薬の祖神です。

道修町は、豊臣秀吉の商業政策により薬種商が集められ薬問屋の町でした。

何とも古い歴史に感慨深い想いでした。

「無病息災」 「家内安全」 「病気平癒」

ページトップへ